第21話、もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。日本名物の“アレ”…AVのマネをされて…

こんにちは。

 

潜入女捜査官好きなエロポリスです。

 

潜入捜査官が捕らわれてしまい男たちに調教される。

 

最高にエロいまんが。

 

女捜査官 雷土(彼氏がいない)
捜査官 野間(雷土の後輩で夫役)

<<<無料お試し読みで見れます>>>

「もっと喘いで!」をコピペして検索して下さい。

長いちんこが喉まであたり苦しい。

 

固く太く長いチンポ

 

黒くて凄く大きい巨大なチンコだった。

 

咥えるとドンドン大きくなるチンコ

 

太くて指が回らない事に驚きながらも、口の中に入っていく。

 

息ができない。苦しい。顎が痛い。

 

「んぐっ・・・」

 

今度は、もう1人の男のちんこを握らされた。

 

雷土の口一杯に含んでも、彼らのペニスの半分も入りません。

 

でも、雷土の股間から太股に滴る愛液がエロさ増している。

 

「んぐっ、ぐっ、ぐっ・・・」

 

頭を押さえられているので、抜くこともできない。

 

涙ぐんで

 

「早く放してぇー」と訴える表情が抜けますよ。

 

「ぬぷっ・」

 

今度ももう1人の男のちんこだ。

 

彼のちんこは規格外の太さである。

 

これも今迄に見たこともない太さである。

 

「ム、ムリ・・・」

 

容赦なく雷土の口に入れる。

 

カリの大きさが牛乳瓶の底位の大きさだ。

 

すると、下半身に何だかぬるっとした感じが、

 

太股を開かされクンニをしてくる。

 

「ジュルジュル」

 

と音を立てて吸ってくる男

 

クリトリスと愛液を吸ってくる。

 

気が遠くなるような快楽である。

 

すると、ぶっかけをすると、

 

2人のちんこが雷土の口に、

 

乳首を摘ままれながら2人のちんこを咥える雷土

 

 

数分すると、彼らのちんこから白い液体が雷土の顔に・・・

 

生臭いクリの木の香りが部屋中に・・・

 

まだまだ続く

 

これからが本番だ、

 

雷土の足を広げておまんこに挿れようとする男

 

すると、いきなりドアが開いた。

 

野間が助けに「?

 

違う、美人の女性である。

 

誰?

 

FBIだ。

 

彼らが追っかけていた犯罪者だ。

 

引き渡すからこっちへ、

 

雷土はFBIの美女に野間が取られる気がしていた。

 

21話ここまで

エロい女潜入捜査官をみたいならこちらで

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

1話¥64で安いです。

 

第1話、潜入捜査を疑われないようにセックスしましょう。

第2話、四畳半に響く嬌声…先輩!もっと喘いでください!

第3話、仕事だけど…後輩相手にイカされちゃう…っ!

第4話、深夜の公園で…カップルのフリして舌を絡めて…

第5話、お尻を上げさせられて…車体が揺れるほどのカーセックス…

第8話、媚薬のせいで抑えられない…自分から求めてしまい…

第9話、奥までみっちり挿れられて…セックスがこんなに気持ちいいなんて…

第10話、乱交クラブパーティーへの新たなる潜入…

第11話、キマったふりして淫語を…フリのハズだったのに…

第12話、客に見られて…イキながら注がれて…っ!

第13話、檻の中、見せつけるように嬲られて…

第14話、「もっと見せてあげてください」こんな男の前で私…っ

第15話、 乱れた顔を見られながら…奥にいっぱい…